Top

最新記事【2007年03月01日】

アコースティックギターとは、6つの弦で弾く楽器のことです。

ギターは大きく分類すると、アンプを使うエレキギターと、アンプを使わず生の音を楽しむアコースティックギターがあります。

アコースティックギターの中でも、いろいろと細かく分かれていますが、フォークギターはアコースティックギターのことを指します。

ユーキャンの通信講座で、フォークギター講座がありますが、アコースティックギター・・・略してアコギの通信教育という意味になります。

最近、アコースティックギターの人気が高まっていますが、エレキギターと違って、ひとりでも演奏できるところが人気の秘密です。

ギターの種類が、いろいろあるので、これからギターを趣味で学ぼうと思っている方は混乱することも少なくありません。

ギターの分類は大きく分けて、弦の振動を電気信号に変換してアンプで音を増幅させるエレキギターと、アンプを使わないアコースティックギター(略してアコギ)に分かれます。

ウィキペディアにギターの種類が掲載されていましたので引用します。

アコースティック・ギター
  • クラシック・ギター
  • フラメンコギター
  • フォークギター
  • エレクトリックアコースティックギター

エレクトリックギター

  • フルアコースティックギター
  • セミアコースティックギター
  • ソリッドギター
  • セミソリッドギター
  • スティール・ギター
  • シタールギター

両方に属するギター
  • 12弦ギター
  • テナーギター

引用:ギター(Wikipedia)

見慣れないものもあるかもしれませんが、最近、趣味としてはじめるのに人気がでてきているのはアコースティックギターです。

柔らかな音とひとりでも練習できるところが人気を呼んでいます。

いくら本を読んでも、ギターを弾けるようにはなりません。

おすすめは、好きな曲のストロークを完璧にマスターすることです。

何度も繰り返し練習していると、自然と弾けるようになってきます。ストロークを徹底的にひくのが、ギターを弾けるようになるための基本中の基本といえるでしょう。

コードをしっかりと押さえれるようになるまで、少しずつコードの練習をしましょう。

ただ、まったくの初心者の方が、コツコツと練習を続けるのは難しいかもしれません。

そういう場合は、課題が送られてうる通信教育や、自分の弾いたギターの曲を添削してくれる通信講座がありますので、そちらを利用するとよいでしょう。

日々の積み重ねが、ギターを弾けるようになるための王道です。近道はありません。コツコツと最後まであきらめずに練習しましょう!

挫折禁止です。

フォークギター(=アコースティックギター)を弾けるようになりたい初心者の方が対象の通信教育(通信講座)です。

写真とイラストでわかりやすいテキスト。

耳から弾き方を覚えるCD。

ギターの弾き方を添削してくれます。

こちら→新フォークギター・コース

ギターを持っていない方に、ギターがついてくるコースもあります。

興味のある方は、無料で資料をもらえるので頂いておきましょう。

名曲をアコースティックギターで弾きながら、テクニックを覚えるという講座。

楽しみながらギターテクニックを覚えたい人にお勧めの通信講座です。

レッスンで使う曲は、荒城の月、赤とんぼ、知床旅情、浜辺の歌、早春賦、エデンの東、禁じられた遊び、影を慕いて、湯の町エレジー、川の流れのようにとなっています。

日本を代表する、アントニオ古賀さんと香登みのるさんにレッスンを受けれるところも魅力です。

興味がある方は無料で資料をもらえます。

こちら→名曲ギター倶楽部

ギターの通信教育(通信講座)

通信教育で、あなたのギターの上達をお手伝いします。初心者、入門者の方でも、ステップアップでギターを上手に弾けるようになりますよ。